森且行は骨盤、腰椎骨折で復帰まで1年…これまで計3回手術、実兄「治療に専念」

森且行
森且行

 JKAは9日、1月24日の飯塚オートレース第11レースで落車負傷した森且行(47)=川口=の身体状況について、発表した。

 森は負傷後、福岡県内の病院に搬送され、その後、都内の病院に転院。骨盤骨折、腰椎骨折の診断を受け、これまで計3回の手術を行ったといい、レースへの復帰には1年程度の期間が見込まれるという。

 JKAによると、本人との面会は新型コロナウイルス感染症拡大防止の面から制限されているが、森の家族(実兄)は「このたび、いつも応援していただいている皆様には状況をすぐにお知らせできずに、大変心配をおかけ致しました。医療スタッフの方々の手厚いサポートのもと、無事に手術を終えることができました。本人、家族共々治療に専念して参りますので、温かく見守っていただければ幸いです。今後も森且行への応援をよろしくお願い致します」とのコメントを寄せたという。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請