【広島】ドラ3・大道がクロン、鈴木誠斬り 佐々岡監督「短いイニングの方が適性ある」

シート打撃に初登板した大道温貴
シート打撃に初登板した大道温貴

 広島のドラフト3位・大道温貴投手(22)=八戸学院大=が打者5人を1安打に抑え、上々の実戦デビューを果たした。8日、ドラフト2位の森浦とともにシート打撃に初登板。主軸のクロンを空振り三振、日本代表の4番でもある鈴木誠も二ゴロに仕留めた。

 「ストライクを入れて、見つかった課題を補いたかった。アピールする場なので、腕を振っていかないと話にならない」と全力投球を貫いたルーキー右腕。最速は146キロを計測し、スライダー、スプリットのキレも十分だった。見守った佐々岡監督は「短いイニングの方が適性があるのかなと思った」と起用法を示唆。5位に沈んだ昨季は、救援陣の防御率がセ・リーグ最低の4・64だっただけに「いい悩みになる。薄い中継ぎを厚くするためにも、必要かなと思う」とうれしい誤算と喜んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請