【BC茨城】前DeNAの浜矢広大が入団、ラミレス氏の新プロジェクト参加し、指導受ける

BCリーグの茨城アストロプラネッツと契約した元DeNAの浜矢広大投手(右)。ラミレス前監督の指導の下、NPB復帰を目指す
BCリーグの茨城アストロプラネッツと契約した元DeNAの浜矢広大投手(右)。ラミレス前監督の指導の下、NPB復帰を目指す

 昨季限りでDeNAを戦力外となった浜矢広大投手(27)が、独立リーグ・ルートインBCリーグの茨城アストロプラネッツに入団したことが8日、発表された。

 浜矢は、前DeNA監督のアレックス・ラミレス氏(46)が企画・提案する新プロジェクト「Project SAIKI~再輝~」にも参加。ラミレス氏の指導の下、NPB復帰を目指す。同プロジェクトに関する動画は、この日から公式YouTubeチャンネル「ラミちゃんねる」で順次公開していく。

 プロジェクトのたちあげに、ラミレス氏は「昨年、トライアウトを見て、高いポテンシャルがありながら枠の兼ね合いで戦力外になった選手が多いことに気づきました。そういった選手を上手に指導できれば、NPBに復帰できたり、メジャーリーグで活躍することだってできると思ったのがこの企画をやろうとした始まりです」と説明。2年間指揮した浜矢には「ポテンシャルはいいものを持っています。一生懸命ですし、野球を続けたい、野球で成功したいという気持ちを強く持っている。彼には『4つの課題』を与えます。それをクリアしたら、スカウトの皆さんにお見せする浜矢は、全く違う浜矢になっているはずです」と期待を寄せた。

 2児の父親でもある浜矢は「『1歳、2歳と幼い2人の子供たちに戦う姿を見せたい』と現役にこだわることを決めました。トライアウトでは良いところを見せられませんでしたが、メキシコリーグからオファーをいただき、単身メキシコ行きを覚悟した中で、ラミレスさんからオファーをいただきました。『ありがたい話。トライしたい』と即答しました」とコメント。「昨年は1年間1軍で投げることができず、プロでの7年間を振り返っても結果を出せていない。このプロジェクトに全てをかけて結果を突き詰め、頑張ります」と誓った。

 ◆浜矢 広大(はまや・こうだい)1993年2月27日、奈良・十津川村生まれ。27歳。中学時代はヤングリーグ「熊野ベースボールクラブ」に所属し一塁手。日高高中津分校2年秋に投手転向。ホンダ鈴鹿を経て2013年ドラフト3位で楽天入り。19年3月にDeNAにトレード移籍。通算40試合で3勝1敗0セーブ。185センチ、90キロ。左投左打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請