【DeNA】三浦大輔監督が守備シフト採用に「状況に応じて必要なら使います」 守備練習で内野シフト確認

スポーツ報知
坪井智哉コーチ(右)と練習中に意見交換する三浦大輔新監督(左)

 DeNAは8日、沖縄・宜野湾市のアトムホームスタジアム宜野湾で行われたキャンプで守備シフトを確認した。

 第2クール3日目となったこの日。午前中の練習では「ゲームノック」として試合に近い状況で守備練習を行った。アウトカウント、走者など多くの場面を想定。練習の中では二塁手が二塁ベースより三塁側を守る「右打者シフト」、遊撃手が二塁ベースより一塁側を守る「左打者シフト」も試した。

 三浦大輔監督(47)は「(シーズン中に使うか)決めつけはしないです。状況に応じて必要なら使いますし、必要ないなら使わないかもしれない」と説明。内野手が守備位置を打者ごとに大きく変えることは、メジャーリーグでは珍しいことではなくなりつつあるが、DeNAもシーズン中に採用する可能性がありそうだ。

 投手によっては極端なシフトを嫌うこともあるが、三浦監督は自らの現役時代を「守備位置を確認して現役の頃は投げていたので、自分の仕事をするだけと思って投げていました」と振り返っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請