【侍ジャパン】DeNA三嶋一輝が守護神候補!稲葉篤紀監督「抑えの候補として見ていく」

スポーツ報知
三浦監督を訪問した侍ジャパン・稲葉監督(左)

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(48)が7日、沖縄・宜野湾のDeNAキャンプを視察し、三嶋一輝投手(30)を東京五輪の新守護神候補に挙げた。代表の抑えを務める山崎康晃投手(28)が昨季、防御率5・68と不振。山崎の復調を願いつつ、昨季DeNAで新守護神を務めた三嶋を代表でも新たな抑え候補に位置づけた。

 あいつを忘れてないか―。山崎、今永、宮崎、石田、平良…と五輪候補への評価を問う報道陣に対し、稲葉監督が自ら切り出した。

 「三嶋も出してもらっていいですか?」

 チームでは山崎に代わって昨季途中から抑えを担い、18セーブ、防御率2・45。法大の後輩が見せた成長と魂の込もった投球を高く評価した。

 「抑えになってより一層“最後、抑えるんだ”という気持ちが出てきた。抑えの候補として見ていく」

 もちろん、理想は山崎の復調で、稲葉監督は「抑えは誰でもできる場所じゃない。必ず復活してくれると信じている」と願った。一方で危機管理として、森や三嶋らを新たな抑え候補として検討している。

 構想を聞いた三嶋は「結果を出してこそなので、選ばれるよう頑張りたい」と気を引き締めた。五輪のメイン会場が横浜という“アドバンテージ”も生かし、侍のクローザー争いに加わる。(宮脇 央介)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請