【DeNA】仁志敏久2軍監督の初実戦は1軍とドロー「悪くはない」

スポーツ報知
指揮官として初めての紅白戦を戦った仁志敏久監督

◆DeNA紅白戦・1軍―2軍(7日、アトムホームスタジアム宜野湾)=7回制、特別ルール=

 DeNAは7日、今季初実戦となる紅白戦を1軍対2軍で行い、三浦大輔監督(47)、仁志敏久2軍監督(49)の“初陣”は4―4の引き分けに終わった。2軍が知野直人内野手(21)、山下幸輝内野手(28)の本塁打で4点を奪うと、1軍も負けじとドラフト2位・牧秀悟内野手(22)=中大=の初打席初アーチや、佐野恵太外野手(26)の2点適時打などで追いついた。

 今季から2軍監督に就任した仁志監督は「野手の方は積極的に打っていって、いい結果もかなり多くて。守りも含めて消極的なプレーは少なかったかなと。投手も不本意な内容の投手もいますけど、現時点では仕上がりという点でも悪くはないのかな」と及第点を与えた。明日以降へも「まだまだやることもやるべきこともありますので、これまでと同じように取り組むべきことを日々アップデートしながら、または継続しながらやっていってもらおうかなと思います」と話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請