里見香奈V12か加藤桃子逆襲の1勝か…将棋・女流名人戦第3局が野田市で始まる

スポーツ報知
初手を指す挑戦者の加藤桃子女流三段(手前左)。同右は里見香奈女流名人(カメラ・関口 俊明)

 将棋の里見香奈女流名人(28)=清麗、女流王位、倉敷藤花=に加藤桃子女流三段(25)が挑んでいる「第47期岡田美術館杯女流名人戦」五番勝負(主催・報知新聞社、日本将棋連盟、野田市、特別協賛・(株)ユニバーサルエンターテインメント、後援・日本将棋連盟関根金次郎支部)の第3局が7日午前9時、千葉県野田市の「関根名人記念館」でスタートした。

 ともに開始の10分前に対局室入り。2連敗でもう後がない先手・加藤女流三段は初手で飛車先の歩を突いた。自己最多記録更新の12連覇、女流タイトル戦最多タイ43期に王手をかけている里見女流名人は角道を開け、その後にゴキゲン中飛車に構えた。

 なお、コロナ禍を考慮して対局の大盤解説会は行われない。持ち時間は各3時間で、昼食休憩を挟み、夕刻に決着する見込み。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請