【横浜M】高卒ルーキーMF南、今季初の練習試合でゴール「点を取れたことはポジティブ」

3点目を決め、ハイタッチするMF南拓都
3点目を決め、ハイタッチするMF南拓都
3点目を決めたMF南拓都(左・クラブ提供)
3点目を決めたMF南拓都(左・クラブ提供)

◇練習試合(6日、沖縄県内=30分×3本)横浜M3(2―0、0―0、1―1)1沖縄SV 得点【横】前田、渡辺、南【沖】赤木

 横浜Mは6日、沖縄・石垣島で沖縄SVと今季初の練習試合を行い、3―1で勝利した。1本目、PKをFW前田大然が決めると、前田と同じく東京五輪世代のMF渡辺皓太がDF小池龍太の右クロスを流し込み追加点。3本目には大阪・興国高から加入したMF南拓都が、DF高野遼の左クロスにヘディングで合わせ3点目を決めた。

 高卒ルーキー南が上々の実戦デビューを果たした。2本目の29分から前田に代わって登場。右ウィングに入り、仲川がセンターにずれる布陣となった。ゴールシーンについては「(高野)遼くんのクロスに感謝」と一番に口にし、「点を取れたことはポジティブ」と控えめながらに喜びを表現した。

 だが約30分のプレーにも「スピードの良さもまったく出せなくて、守備も自分のところで重くなってしまった。戦術理解はまだまだ足りない」と満足感より反省が多く出た。新加入会見の際に「手本にしたい」と名前を挙げていた仲川のプレーからは「クロスの質、サイドの突破力」を学んだ。

 興国高から加入した4人の中ではこの日唯一の出場。ピッチに立つ時にはキャプテンマークを巻いたMF扇原貴宏が「自分のプレーに集中しろ」と声をかけてくれたという。試合後は同じ右サイドでプレーした小池とじっくり話をする姿が見られ、扇原も「みんなも良い刺激を受けたと思う」と若手の台頭を歓迎した。主力に交じってチームの目指すサッカーを体感できたことは、間違いなく次につながる。課題克服に向け、南は「真摯に取り組んでいきたい」と貪欲に先を見据えた。

 沖縄SV戦に出場したメンバーは以下の通り。

高丘陽平(→オビパウエルオビンナ)、チアゴマルチンス、畠中槙之輔、岩田智輝、扇原貴宏、渡辺皓太、高野遼、小池龍太、エウベル、前田大然(→南拓都)、仲川輝人

3点目を決め、ハイタッチするMF南拓都
3点目を決めたMF南拓都(左・クラブ提供)
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請