清原和博さんら139人が学生野球の指導資格を回復

清原和博氏
清原和博氏

 日本学生野球協会は5日、元プロ野球関係者が高校野球、大学野球の指導者になるために必要な「学生野球資格回復」の審査委員会を開催し、西武、巨人などで歴代5位の525本塁打を放った清原和博さん(53)ら計139人の資格を認定した。

 日本学生野球憲章ではプロ野球経験者の関与を原則的に禁じており、学生野球を指導するには、プロ球団退団とプロ・アマチュア双方の研修を受ける資格回復の手続きが必要となっている。今回の研修は、昨年12月と今年1月にオンラインで行われ、清原さんは全ての受講を済ませていた。

 学生野球協会の指導に関するガイドラインには、「適任者に該当しない者」として、執行猶予の期間経過後5年を経過していない、との規定がある。清原さんは2016年に覚醒剤取締法違反で有罪判決を受け、懲役刑の執行猶予期間(4年)が昨年6月15日に満了。規定に当てはめれば、25年6月以降に国内の学生野球での指導が可能となる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請