【DeNA】三浦大輔監督が初ノック 空振りなしに「ちょっと野球をやったことがあったので…」

スポーツ報知
三浦大輔監督

 DeNAの三浦大輔監督(47)が沖縄・宜野湾市のアトムホームスタジアム宜野湾で行われたキャンプ第1クール最終日の4日、捕手陣に“初ノック”を行った。

 これまでもノックバットを持って練習を見ていた三浦監督。「使うとは思わなかった。つえ代わりに持っていたので…」と苦笑いだったが、コーチ陣の要望もあって捕手陣にノックを行った。1、3日には打撃投手として計200球近くを投げてきたが、“本業”ではないノックも無難にこなし「空振りがなくてよかった。選手に迷惑をかけないでよかった」とホッとしていた。

 現役時代は投手として活躍してきた三浦監督だが、実はバットでも通算123安打を放ち、打率は1割2分7厘。24年連続安打という投手が安打を記録した連続年数のギネス記録も持っている。指揮官は「ちょっと野球をやっていたことがあるので…」と笑っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請