【DeNA】初の2軍スタート山崎康晃「結果で見返したい」…守護神再ダッシュへ闘志十分

スポーツ報知

 DeNAの山崎康晃投手(28)が4日、沖縄・嘉手納町で行われている2軍キャンプに参加した。

 山崎はプロ6年目の昨季、不調でプロ最少の40登板。0勝3敗、6セーブで防御率5・68と苦しみ、守護神はく奪、2軍降格も味わった。1年目から続いていた25セーブも5年連続でストップ。体調面での問題はなかったが、三浦大輔監督(47)から「去年味わった苦しみ、悔しさを持って、しっかり状態を上げてもらわないと困る。ファームでしっかり集中して状態を上げてもらうという意図で2軍スタートにいれました」と、キャンプ2軍スタートを1月中に直接通達された。

 山崎は現状を「ケガもなくいいトレーニングが出来ている。体調は万全な状態」と説明。すでに2度ブルペン入りしている。プロ7年目でキャンプ2軍スタートは初めて。「フレッシュな形で取り組んでいる。若手から刺激をもらうところもある」。今後へ向けては「(2軍キャンプ地の)嘉手納でも本当に高い質の練習をしている。2軍から刺激を与えられればいい」と意気込みを口にした。

 三浦監督の“愛のムチ”もしっかり受け止めているようで「必要な戦力と言っていただいたので、結果で見返したい。チームを引っ張る人間として自覚も責任もある」と話していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請