【藤原義雄の南紀直送便】条件許す限り最小のウキを使う

スポーツ報知

 皆さんはウキの大きさをどのように決めているだろうか。何か基準のようなものが、あるだろうか? 今回は、私がグレのフカセ釣りでウキの大きさを決める定義を紹介しよう。

 まず、条件が許す限り最小のウキを使う。グレ釣りにおけるウキのサイズは、小さければ小さいほど良いと考えている。しかし、最小のウキで釣りができるほどの好条件は、めったにない。釣り場には風があり、波があり、サラシがあり、潮の流れがある。他にもマイナス条件が多くあり、実際は思うようにはいかない。

 私が使うウキはSが最小でM、L、LL、3Lという表示になっている。基本的にはSかMを使うことが多く、気象や海況が悪くなればなるほど大きくなっていく。例えば、風が強かったり波が高いときにはSやMだと仕掛けがなじまず、刺し餌は狙いのタナから外れて浮いたままだ。そこでウキをLやLLと大きくして、オモリなどの力を借りて安定させる必要がある。そうすれば道糸が風波に持っていかれず、刺し餌がなじんで魚が食ってくれる。

 また、潮の流れが速くなるほどウキを大きくする。サラシが強い場合もサラシの中で小さいウキは弾かれてしまうので大きくする。潮の流れやサラシに負けないようにして、刺し餌をなじませるのが必須だ。

 ただ、話を冒頭に戻すが、条件が許す限りウキは小さい方が良い。特にこの寒グレシーズン終盤は、大きいグレは気難しくアタリが小さい。より抵抗が少ない小さなウキで繊細なアタリを掛け合わせるのだ。条件に合わせてウキをこまめに交換することが、大物を仕留める近道だ。

 ※毎月第1木曜日に掲載。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請