小倉智昭氏、接触確認アプリ「COCOA」の不具合に憤慨「腹立ちました…何やってたんだろう」

小倉智昭
小倉智昭

 4日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・午前8時)で、厚生労働省が新型コロナウイルス感染者と接触した可能性を知らせるスマートフォン用アプリ「COCOA(ココア)」について、グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」版で昨年9月下旬以降、接触があっても通知されない不具合が続いていたと発表したことを報じた。

 アプリの利用者の3割が4か月間にわたり、機能が使えない状態になっていたことになる。田村厚生労働相は3日夜、緊急で記者会見し「大変責任の重いことだと感じている。猛省し、信頼を取り戻すために頑張っていきたい」と陳謝した。

 小倉智昭キャスターは今回の問題に「番組では接触確認アプリのココアっていうのを積極的に推していました。毎日どれぐらいの方が加入してたのか、何とかみなさん加入してコロナ対策に協力しましょうってやってたのに、これがちゃんと機能してなかったって聞いて、腹立ちましたけどね」と憤慨した。

 さらに「私もアンドロイドなんです。それで1日2回か3回ぐらい確認してましたよ、ずっと。何やってたんだろうって思うよね。いまだかつて、側に陽性の人がいるっていう通報なかったですからね」と呆れていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請