市川海老蔵、親子3人での映像作品初共演 フジ系主演スペシャルドラマに堀越勸玄&市川ぼたん出演

「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~」に出演する(左から)市川ぼたん、市川海老蔵、堀越勸玄
「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~」に出演する(左から)市川ぼたん、市川海老蔵、堀越勸玄
「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~」で信長の少年期・吉法師役を演じる堀越勸玄
「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~」で信長の少年期・吉法師役を演じる堀越勸玄
「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~」に出演する市川ぼたん(左)と佐藤浩市
「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~」に出演する市川ぼたん(左)と佐藤浩市

 フジテレビは4日、歌舞伎俳優・市川海老蔵(43)の13代目市川團十郎白猿(はくえん)の襲名を記念したスペシャルドラマ「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~」を、3月26日午後9時から放送すると発表した。また、長男の堀越勸玄が信長の少年期・吉法師役、長女の市川ぼたんが濃姫の少女期・帰蝶役を演じる。2人にとっては初めての映像作品で、親子3人が同じ映像作品で初共演することになった。

 勸玄が演じる吉法師は、北村一輝演じる父・信秀と尾張国・萬松寺で対峙(たいじ)するシーンに登場。信秀はこの翌日に三河に出兵することになっており、その前に吉法師に、織田家の嫡男として、そして武士の心構えを諭すのだった。

 ぼたんが演じる帰蝶は、“マムシ”と呼ばれ、周囲に恐れられた美濃の国主・斎藤道三の娘。隣国・尾張の織田家との政略結婚で、後に信長の元に嫁ぐことになる。今作では、佐藤浩市演じる道三との美濃・稲庭山城でのシーンに登場。女子と生まれたが故の自分の宿命について、道三が語るところとなる。

 2人の出演に関して海老蔵は、「今回の出演は自分たちに決めさせました。プロデューサーの方にどうするか聞かれて、自分たちで“やります”と伝えに行ったので、僕は受け入れただけです」とコメント。

 撮影は海老蔵が見守る中、行われたそうで、ぼたんの出演シーンでは、何度かセリフの読み会わせのリハーサルを行い、時にアドバイスをする姿も。撮影後に「ちょっとアドバイスしたら、すごく良くなった」と父親らしい笑顔を見せていたという。また、勸玄のシーンでは、「モニターを通すとぐっと良くなる」とこちらも満足した様子だったという。

 同ドラマは今川義元の大軍を打ち破り、天下統一に突き進む足がかりとなった「桶狭間の戦い」を中心に、海老蔵演じる信長の生涯を描く時代劇。昨年夏の放送を予定していたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、海老蔵の市川團十郎白猿襲名披露公演が延期になったため、放送も延期されていた。

 コロナ禍はいまだ変わらない状況にあり、襲名披露公演の予定は決まっていないが、多くのエンターテインメント作品が中止を余儀なくされ、制約を受けるなど多大な打撃を受けている現状を鑑み、海老蔵とも協議の結果、公演に先立ってスペシャルドラマの放送が決まった。

「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~」に出演する(左から)市川ぼたん、市川海老蔵、堀越勸玄
「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~」で信長の少年期・吉法師役を演じる堀越勸玄
「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~」に出演する市川ぼたん(左)と佐藤浩市
すべての写真を見る 3枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請