【DeNA】三浦大輔監督が打撃投手 佐野恵太、嶺井博希に中1日で101球「いい練習してましたね」

スポーツ報知
打撃投手を務めたDeNA・三浦大輔監督

 DeNAの三浦大輔監督(47)が沖縄・宜野湾市のアトムホームスタジアム宜野湾で行われたキャンプ3日目の3日、打撃投手を務めた。

 佐野恵太外野手(26)、嶺井博希捕手(29)に約15分間で101球を投げ込んだ。ボール球は7球のみで、11本塁打を浴びた。指揮官はキャンプ初日の1日にも関根大気外野手(25)の打撃投手を務め、92球。中1日での登板となった。

 三浦監督は「しっかり(佐野と嶺井が)いい練習をしていましたね」と納得顔。主将2年目の佐野の状態を「しっかり第1クールの段階として振れていましたし、これから徐々に上げていってくれると思うので、そんなに心配していないです。状態は普通じゃないですかね。まだまだこれから、3日目ですからね」と分析していた。

 8本塁打を放った嶺井については「地元だけあって沖縄の空気が合っているのか、振りもよかったですし、きのうの(ブルペンで好投した)平良もそうですけど2人とも沖縄出身だなと。やっぱり地元でよかったんじゃないですかね」と高評価だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請