【DeNA】守護神候補の三嶋一輝が1軍大トリブルペン入りで40球 開幕候補の上茶谷大河は101球の熱投

スポーツ報知
三嶋一輝

 DeNAの三嶋一輝投手(30)が沖縄・宜野湾市のアトムホームスタジアム宜野湾で行われたキャンプ3日目の3日、1軍投手15人の中で最後にブルペン入りした。

 三嶋を除く14人は2日までにブルペン入り。昨年は山崎康晃投手(28)の不調をカバーした代理守護神が、3日目に初めてブルペン入りし、三浦大輔監督(47)も見守る中、変化球を交えて40球を投げ込んだ。山崎はキャンプ2軍スタート。今季も山崎と抑えの座を争うことを期待されている。

 混とんとしている開幕投手争いに食い込むと見られる上茶谷大河投手(24)は、この日チーム最多となる101球を投げ込んだ。ドラフト1位・入江大生投手(22)=明大=は全球直球で31球を投げた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請