【楽天】16年ドラ1藤平尚真、新球「ワクワク・カット」武器に逆襲なるか

楽天・藤平は高卒5年目で飛躍を目指す
楽天・藤平は高卒5年目で飛躍を目指す

 楽天の16年ドラフト1位・藤平尚真投手(22)が再起を懸けて5年目のシーズンに挑む。17年に3勝(4敗)、18年に4勝(7敗)と徐々に結果を積み上げてきたが、直近2シーズンは未勝利と期待に応えられなかった。

 今年は2年連続で横浜高の先輩・涌井秀章の“涌井塾”に入門。1月6日から21日まで千葉県内で行われた合同自主トレでは「今までにないくらい走りました。ずっと走ってました」と体力と下半身の強化に明け暮れた。

 ブルペンでは、涌井が高校時代から使っていたというカットボールの握りを教わり、「結構しっくりきています」。“ワクワク・カット”が、新たな武器として実戦で使えるメドが立った。

 今季はドラフト1位・早川=早大=ら同世代のライバルたちが入ってきた。ファンからは比較対象に挙げられる立場となったが、「あまり気にはしていないですね。自分は自分のやれることをやるしかないので」。周囲の“雑音”に振り回されずに己の道をまい進するつもりだ。

 過去最多は2年目の4勝。本拠地では今も「まずは5勝しないといけない」。その上で、師匠・涌井からノルマを設けられた「8勝」を定める。達成したい目標がもう一つ。今だつかめていない本拠地・楽天生命パークでの白星だ。キャリアの全7勝が敵地で挙げたもの。これまでは「勝てる気がしなかった」と弱気だったが、今年は「気にせずマウンドに上がった方がいい」と、精神面でも成長が見られる。

 「今年こそホームで勝ちたいです」と力強く意気込みを示した藤平。新球を手にし、逆襲のシーズンが始まる。(楽天担当・長井 毅)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請