【DeNA】捕手の山本祐大がドラ1入江大生を絶賛「角度、手元の強さが良かった」「本格派タイプ」

ブルペンでの投球を終え、捕手の山本祐大(50番)と話をするドラフト1位ルーキー入江大生(左、現場代表撮影)
ブルペンでの投球を終え、捕手の山本祐大(50番)と話をするドラフト1位ルーキー入江大生(左、現場代表撮影)

 DeNAのドラフト1位・入江大生投手(22)=明大=が1日、沖縄・宜野湾市で行われたキャンプ初日にブルペン入りし、捕手が座った状態で直球のみ28球を投げた。

 力強い球を投げ込み、ボールを受けた山本祐大捕手(22)も絶賛だった。「良いピッチャー。今日投げたのはまっすぐだけでしたが、角度、手元の強さが良かった。やっぱり素晴らしい」。さらには「本格派タイプ。背が高い(187センチ)分、角度がある。そして手足長い印象。ベイスターズに似たタイプはいないと感じる」と捕手目線で分析していた。

 入江は「山本には初日のブルペンなので、回転の軸だけ見て欲しいと伝えて、投げ終わったら山本から『回転軸が真っ直ぐに近い感じでボールが来ていた』と言われたので、自分も投げた感じもよかったので上々かなと思います」と振り返っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請