【なでしこ】ACミランへ移籍の長谷川唯「欧州チャンピオンズリーグに出て上に行くために、全力を尽くしたい」

長谷川唯(カメラ・中島 傑)
長谷川唯(カメラ・中島 傑)

 日テレからイタリア1部・ACミランへ移籍するなでしこジャパンのMF長谷川唯(24)が1日、オンライン取材に応じ、「欧州チャンピオンズリーグ(CL)に出ること」を目標の一つに挙げた。

 初の海外挑戦を前に「昔から海外でプレーするのが夢であり、目標だった。思いっきりチャレンジしようという気持ちで決断した」。小さい頃は、強豪・米国でのプレーをイメージしていたというが、ここ数年は、発展が著しく、2019年W杯フランス大会で8強に進出したのが米国を除いて全てを占めた欧州でのプレーを希望していたという。

 その中でACミランを選んだ理由は「イタリアで1位、2位のチームは欧州チャンピオンズリーグに出られる。そこを目指せることも一つ」と明かし、「まずはこのチームでリーグ1位を目指して、ACミランがCLで上に行くために全力を尽くしたい」と思いを述べた。

 また、前線から中盤まで複数のポジションをこなせるが「監督にも求められていることは中央でのプレー。自分が得意としているところを求めてくれるのも決め手。そこで勝負したいというのが強くあった」と続けた。

 フランス・リヨンの日本代表DF熊谷紗希やイングランド・アストンビラの同FW岩渕真奈ら海外での経験豊富な選手からも祝福とエールを受けたという。日頃からスピード、フィジカル面で強度の高い環境に身を置くことは、国際マッチでのパフォーマンスにもつながる。

 長谷川は「日本人の良さであるうまさ、タメを作れることは自分の特徴でもある。そこでアクセントをつけて、前線の攻撃を活性化したい」と意気込みを口にした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請