【記者の目】日本新逃した一山麻緒、単調なコースが裏目に出て立て直せず

スポーツ報知
インタビューで涙ぐむ一山麻緒(カメラ・豊田 秀一)

◆大阪国際女子マラソン(31日、長居公園周回コース=42・195キロ)

 東京五輪代表の一山麻緒(23)=ワコール=が2時間21分11秒の好記録で初優勝した。コロナ禍で開催された異例の周回コースで、2005年に野口みずきがマークした2時間19分12秒の日本記録更新を狙ったが届かずに悔し涙。半年後に迫った五輪本番に向けて成長を誓った。同代表の前田穂南(24)=天満屋=は2時間23分30秒の自己新記録で2位だった。(晴れ、気温10・2度、湿度50%、西の風0・7メートル=スタート時)

 1周わずか2・8キロの周回コースは起伏がほぼなく、大きなカーブもなし。走りやすいとの前評判だったが、日本新はお預けに。絶好調の選手であればプラスに働くであろうはずのメリットが、裏目に出てしまったと感じた。

 フラットなコースは体への負担が少ない一方、リセットが利きにくい。「あそこを上ったら」「そこを曲がれば」という心理的な切り替えが難しくなるからだ。調子が良ければ気にならないが、一山、前田はともに万全ではない状態。失速し始めると立て直せなかった。

 さらに、単調なコースでペースが落ちると、自分との対話が始まる。「平たんなのに、なんでペースが上がらない」と一度焦りが生まれると動きが硬くなり、負の連鎖に陥りやすい。腰高で小気味よいリズムを刻む一山、美しく伸びやかなフォームの前田も、崩れた動きを修正できずに終わった。(太田 涼)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請