前田穂南、自己新記録も2位に涙「土台作りをして一からやり直したい」

2位でゴールする前田穂南
2位でゴールする前田穂南

◆大阪国際女子マラソン(31日、長居公園周回コース=42・195キロ)

 東京五輪代表の一山麻緒(23)=ワコール=が2時間21分11秒の好記録で初優勝した。コロナ禍で開催された異例の周回コースで、2005年に野口みずきがマークした2時間19分12秒の日本記録更新を狙ったが届かずに悔し涙。半年後に迫った五輪本番に向けて成長を誓った。同代表の前田穂南(24)=天満屋=は2時間23分30秒の自己新記録で2位だった。(晴れ、気温10・2度、湿度50%、西の風0・7メートル=スタート時)

 2位の前田は、自己ベスト更新にも笑顔はなかった。19年のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)以来1年4か月ぶりのフルマラソン。目指した日本新からは4分以上遅く「後半は走れなくて、長く感じてしまった」。18年の今大会でマークした自己記録を18秒更新したが、悔しさばかりが残った。

 レース序盤は一山と先頭を走ったが12キロ過ぎから遅れ、一山の背中はみるみる遠ざかった。「途中から呼吸よりも足に(疲労が)きてしまった」。推進力を失って上下に跳ね、接地するシューズの音がペタペタと響いた。「勝ち負けよりもタイムを狙っていた。悔しさはあります」と目にうっすらと涙を浮かべた。

 コロナ禍で例年行っていた米国・アルバカーキでの高地合宿を断念。調整は難しかったが、武冨豊監督(66)が「五輪で戦うため、速いペースにチャレンジした結果」と話すように果敢に攻めた。結果はほろ苦かったが、半年後の大舞台への糧にはなった。「土台作りをして一からやり直したい」と前田。金メダルへの思いは、決して揺るがない。(菅原 美沙)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請