【増田明美の目】一山麻緒、前田穂南ともに日本記録ペース体感は収穫…周回で粘った自信も生きる

スポーツ報知
日本記録更新ならず、インタビューで涙ぐむ一山麻緒

◆大阪国際女子マラソン(31日、長居公園周回コース=42・195キロ)

 東京五輪代表の一山麻緒(23)=ワコール=が2時間21分11秒の好記録で初優勝した。コロナ禍で開催された異例の周回コースで、2005年に野口みずきがマークした2時間19分12秒の日本記録更新を狙ったが届かずに悔し涙。半年後に迫った五輪本番に向けて成長を誓った。同代表の前田穂南(24)=天満屋=は2時間23分30秒の自己新記録で2位だった。(晴れ、気温10・2度、湿度50%、西の風0・7メートル=スタート時)

 一山さんも、自己新の前田さんも成長につながるレースでした。1キロ3分18秒前後は未知の経験。川内さんと岩田さんに引っ張られ、日本記録ペースを体感できたのが最高の収穫。実戦の場でありながら、スピードを引き出す良い練習にもなったと感じます。五輪本番は互いにけん制し、暑さもあるので、ペースも落ちる。今回の挑戦よりは、楽に感じるでしょう。今の力があれば十分メダル争いに加われると期待します。

 もう一つ、今大会はメンタル面の収穫も見逃せません。2・8キロを、15周。単調で景色も変わらず、まるで走りながら“禅”をしているような、タフな設定でした。この環境でも粘って走れたことは、自信になる。大いに気持ちが鍛えられたはずです。五輪のコースも、10キロを2周する周回部分が設定されています。今回の経験をしていれば、周回もへっちゃらでしょうね。

 今回もし日本記録を作っていたら、注目度や取り巻く環境も激変したはず。五輪を考えれば、日本新こそ出せなかったけど、本大会へ確かな収穫を得たのは追い風。瀬古リーダーが会見で「“けがの功名”だ」と言ってましたが、本当にそれに尽きる。言い得て妙で、座布団5枚!って感じです。本番まではあと6か月あるので、マラソンを一から作り直すのにちょうどいい期間。「優雅な鶴」と「ど根性フラミンゴ」は、しばし羽を休めて、五輪へと大きく羽ばたいてくれるでしょう。(84年ロス五輪代表、スポーツジャーナリスト)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請