【C大阪】ベトナム代表GKダン獲得を発表 19年アジア杯で日本代表とも対戦

スポーツ報知
遠藤航(手前)と競り合うベトナム代表GKダン・バン・ラム(2019年1月のアジア杯)

 C大阪は30日、タイ1部ムアントンからベトナム代表GKダン・バン・ラム(27)を獲得したことを発表した。ダンはベトナム人とロシア人の両親のもとに生まれた、188センチの長身守護神。クラブを通じ「私がセレッソの一員になれる事、アジアの最高峰のリーグでプレイする事はとても光栄です。これは私のキャリアの中でとても大きな一歩となりました。近い将来、ベトナム人選手の需要はさらに高まると確信しています。ベトナム国に感謝を捧げます。そして、セレッソのファンの皆様に会える事、プレーを見せられる事を楽しみにしています」とコメントした。

 ダンは同国代表として23試合に出場し、UAEで開催された2019年アジア杯準々決勝では森保ジャパンと対戦。0―1で敗れたものの、失点をMF堂安律のPKのみに抑えるなど好守を披露した。過去、Jリーグでプレーしたベトナム人選手は13年に札幌に加入したFWレ・コン・ビンら3選手。ダンのベトナムでの人気は非常に高く、同選手の加入をきっかけに東南アジアでのC大阪の注目度はさらに高まる可能性がある。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×