馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

注目レース:  中山記念G2 阪急杯・G3

今年はどの馬が…(栗東)

 こんにちは、山本です。早くもやって来た週末です。本日は在宅勤務から、パッチパチといきますか♪

 さて、最近は便利になったモノです。つい先日のこと。ある見たかったテレビ番組を見ることができず、今まで活用したことがなかったけど、「見逃し配信」なるモノをやっていないかなと思って、ネットで探していたんです。すると、その番組は無料で見れることが分かったんですが、ビックリしたのが今、地上波で流れている番組、ほとんど「見逃し配信」で当週分は見れてまうやん、ということ。視聴可能番組の欄に、まぁ知っている番組が並んでいること。中には関西ローカルで放送されている番組の名前も。もちろん、無料で見れるのは当週分だけなんですけど、そのラインアップの豊富さに驚いてしまいまして…。

 最近の若者(この表現が古いのは存じております…)と話していると、「家にテレビがない」なんてことをよく耳にします。そんな話を聞くと、ワタクシは考えられないと思うんですが、そりゃ、テレビがなくともネットで十分にカバーできますわな。ワタクシも結局、お目当ての番組以外でも最近全く見ていなかった番組などをネットサーフィーン。楽しませていただきました。まぁ、最近は出張に行っても、ホテルでの引きこもり生活をしなくちゃいけない時期。ひとつ、暇つぶしの材料はできましたけどね。

 さて、そろそろ本題へ。まずは明日の競馬を見ていきましょう。

 まずは中京5Rの未勝利に帰ってきました、母シーザリオの良血馬【ルペルカーリア(牡、父モーリス)】です。昨秋のデビュー戦で4着に敗れ、今回は間隔を空けての復帰戦となります。「動きがよくなってきた。ひと息入れたのはプラスだったと思う。今の荒れた馬場もこなせると思うし、変わり身に期待したい」と話すのはデビュー戦に引き続いての手綱となる福永J。そのデビュー時はまだジャッジに慎重な面があったんですよね。今回は確かな成長を感じているようです。友道調教師は気持ちに面で前向きさが出たことを指摘していましたし、心身両面で成長を加えての復帰戦となりそうです。

 続いては中京9Rの白梅賞。このレースといえば、スペシャルウィークが単勝200倍を超える地方馬アサヒクリークに敗れた一戦ですよね。スイマセン、年齢を感じさせる話題で…。今年の主役は中内田厩舎の【スパークル(牝、父エピファネイア)】かな。新馬、2戦目ともに結構なメンバーと走ってきて、前走の白菊賞でも2着と好走しています。「牝馬らしい気性の難しさを考慮しながらの調整。福永Jが騎乗した1週前追い切りでは最後も反応していたし、いい方向に向いていると思います」と片山助手。相手なりに走れるタイプとはいえ、今回は勝って賞金加算が必要な一戦。しっかりと結果を出せるか注目ですね。

 池江厩舎の【ヴィルヘルム(牡、父エピファネイア)】は前走のジュニアCが6着。「思っているより切れませんね。前、前で運ぶ形の方がいいかもしれません」と池江調教師は積極的なレース運びを思い描きます。今のスピードよりパワー型にシフトしている馬場はプラスに働きそう。条件的には好転するとみています。

 さて、この中京芝マイルで来週はエルフィンSが行われます。昨年は1戦1勝のデアリングタクトが圧勝で、一気に存在感を集めるようになった一戦。杉山晴調教師はこのレースで愛馬の走りに最も衝撃を受けたと口にしています。今年も現状では1勝馬たちが多いメンバー構成になりそうですね。

 先ほども書いた中内田厩舎からは川田Jで【サルファーコスモス(牝、父キングカメハメハ)】がスタンバイ。全兄にダービー3着のコズミックフォースを持つ血統ですね。今回は間隔が空きましたが、「変わりなくいい雰囲気で、もう一つパワーアップした感じがある」と片山助手。確かに成長力豊富な母系ですし、血統背景からも当然、要注目の一頭でしょう。

 今週、話は聞けなかったんですが、吉村厩舎の【サトノルーチェ(牝、父ディープインパクト)】なども有力馬でしょうが、さらに注目したいのが新馬勝ち直後の2頭。まずは高野厩舎の【エリザベスタワー(牝、父Kingman)】です。こちらは昨年末の阪神での新馬を快勝。強い内容でした。中間の動きも力強いですねぇ。「満足のいく動きをしていますね。前走は出遅れて、厳しいかなと思ったけど、楽々と抜け出して、能力の高さを感じました。しっかりとした体幹の強さがあります」とトレーナーはかなり素質を感じ取っている様子。大きな上積みを加えての2戦目となりそうです。

 もう一頭が音無厩舎の【デルマセイシ(牝、父エイシンフラッシュ)】。こちらは新馬の勝ち方に派手さはなかったんですが、「まだ遊んで走っているし、余裕がありましたからね。着差以上に強かったと思います」と松若Jは振り返ります。格上挑戦になりますが、能力の高さを感じているだけに、非常に楽しみにしている様子。確かに音無調教師を始め、厩舎の評価が非常に高いんですよね。こちらも2戦目でどんな競馬をするか、楽しみな存在と言えます。

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。今日は気がつけば、穴っぽいところだらけ。ここも冒険的な推奨馬に…。

小倉12R・7クーファピーカブー(前走も◎だったが、その前走が抜け出して、遊ぶような感じの完勝。この条件への適性は高く、昇級でも)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

中京3R・10トーホウスザク(休養前は好内容。調教の動きに立て直した効果が感じられる)

中京10R・8ブラックジェイド(外差し馬場だとは思うが、楽に逃がしてもらえれば。中間の意欲的な調整が目を引く)

中京11R・16ウェルカムゴールド(先行馬多数で持久戦の様相。この馬のスタミナが生きる)

小倉1R・9トーセンアラン(良血馬。小回り向きの先行力でそろそろ)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請