ソフトボール、日本女子リーグは4・3に兵庫、栃木、鹿児島の3会場で開幕

スポーツ報知
ビックカメラ高崎の上野由岐子

 日本ソフトボール協会は29日、今季の日本女子1部リーグ日程を発表した。4月3日に開幕し、10月までの132試合と11月の上位5チームが進出する決勝トーナメント(T)を予定。開幕から5月9日まで前半節が行われ、7月の東京五輪をへて、後半節は9月に開幕し、11月7日、8日に五輪会場でもある福島・あづま球場で決勝Tが行われる。

 五輪イヤーの今季初戦は、4月3日に兵庫・ベイコム野球場など3会場で行われる。ビックカメラ高崎は、同球場で午後1時から昨季8位・シオノギ製薬と対戦する。ビックカメラ高崎は、今夏の五輪で二枚看板の期待が懸かる2人の右腕に注目が集まる。実業団21年目のシーズンを迎えるエース・上野由岐子(38)に加え、“投打二刀流”が持ち味の藤田倭(やまと、30)が今月1日に太陽誘電から加入。鉄壁の投手陣を擁してリーグ3連覇を狙う。

 昨季はコロナ禍で開幕が約5か月遅れ、9月の開幕節と11月の決勝トーナメントのみ有観客で行われ、他の試合は無観客で開催された。今季の観客動員について、日本協会は「今後、話し合って決めていく」とした。

 ◇4月3日の対戦カード

 ▽トヨタ自動車―日本精工(10時半、栃木・栃木県総合運動公園本球場)

 ▽ホンダ―日立(13時、栃木県総合運動公園本球場)

 ▽伊予銀行―豊田自動織機(10時半、ベイコム野球場)

 ▽ビックカメラ高崎―シオノギ製薬(13時、ベイコム野球場)

 ▽大垣ミナモ―デンソー(10時半、鹿児島・ブルーチップスタジアム)

 ▽戸田中央総合病院―太陽誘電(13時、ブルーチップスタジアム)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請