【オリックス】ドラ4中川颯、長嶋さんからの称賛を胸に早期1軍誓う

スポーツ報知
ブルペンで投げ込む中川(代表撮影)

 オリックスのドラフト4位・中川颯投手(22)=立大=が28日、母校OBの巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(84)から贈られた“言葉”を胸に早期のデビューを誓った。この日、大阪・舞洲での新人合同自主トレを打ち上げ。ブルペンでは変化球を解禁して30球を投じ「まずはけがなく終えられた」と順調な調整に笑みを浮かべた。

 17年6月の全日本大学野球選手権決勝。サブマリン右腕は1年生で胴上げ投手となり、最優秀投手賞を受賞。観戦したミスターから「非常にいいピッチャー。球はそんなに速くないけど、コースが良い。投げ分けて打者を戸惑わせていたね」と称賛された。中川颯は「覚えています。直接お目にかかったことはないですが、記事を見てすごく興奮しました。すごい方なので。(名前を)知ってもらえた」と今なお感激の面持ち。その後の士気にもつながり、晴れてプロ入りを果たした。

 春季キャンプはB組スタートだが「AとBで違うが、山本投手や山岡投手の投球を是非見たい。参考になると思う」と意欲十分。偉大な先輩が数々の伝説を刻んだ舞台を目指し、研さんを重ねる。(宮崎 尚行)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請