【ロッテ】国内FA権行使の松永昂大が残留を表明 他球団から「正式なオファーなかった」

FA権の行使を表明したロッテ・松永昂大投手=代表撮影
FA権の行使を表明したロッテ・松永昂大投手=代表撮影
FA宣言した松永は残留を表明した(球団提供)
FA宣言した松永は残留を表明した(球団提供)
力投する松永昂大(カメラ・清水 武)
力投する松永昂大(カメラ・清水 武)

 昨年12月に国内フリーエージェント(FA)権を行使したロッテの松永昂大投手(32)が27日、ZOZOマリンでオンライン取材に応じて、残留を表明した。契約更改交渉に臨み、現状維持の7500万円(推定)でサインした。2月1日から沖縄・石垣島で行われるキャンプには1軍メンバーとして参加する。

 スーツ姿の松永は「残留です。自分の実力不足で残留になったと思います。(他球団から)正式なオファーがなかったので」と淡々と言葉をつないだ。

 「愛着はもちろんあります」というロッテで迎えることになった9年目のシーズン。昨季は左肘のコンディション不良でわずか5試合の登板だったが、ここまでの調整は順調。約80メートルの距離でのキャッチボールも行っており「ブルペンにも入れる状態」だという。

 海外FA権を行使した沢村の去就は未定だが、経験豊富で貴重な左のリリーフの残留は16年ぶりリーグ優勝を狙うチームにとって朗報だ。「チーム内の競争が厳しくなるのはプラスしかない。限界まで全力でやります」と益田、唐川、ハーマンらと高いレベルで競い合って、救援陣の一角を担う。

 ◆松永 昂大(まつなが・たかひろ)1988年4月16日、香川県生まれ。32歳。高松商から関西国際大、大阪ガスを経て、12年ドラフト1位でロッテ入団。昨季は左肘のコンディション不良により、5試合で0勝0敗3ホールド。通算359試合に登板し16勝15敗1セーブ135ホールド、防御率2・91の成績をマークしている。

FA権の行使を表明したロッテ・松永昂大投手=代表撮影
FA宣言した松永は残留を表明した(球団提供)
力投する松永昂大(カメラ・清水 武)
すべての写真を見る 3枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請