【西武】山川穂高、「50発超」キング奪還だ…ドラ1渡部を絶賛

外野をランニング中の(左から)森、渡部、山川(代表撮影)
外野をランニング中の(左から)森、渡部、山川(代表撮影)

 西武の山川穂高内野手(29)が26日、埼玉・所沢で行った自主トレを公開。「40発超え」を目標に掲げ、本塁打王奪還を誓った。昨季は、右足首痛の影響でシーズン終盤に抹消。24本塁打で3年連続本塁打王を逃した。オフは治療を優先した自主トレで、3日に1度の電気治療を受け「状態は70~80%ぐらい」と順調な回復をアピールした。

 本塁打王返り咲きへ原点回帰だ。フォームを「一番フルスイングがしやすい」と左足を大きく上げる形に戻した。「50本以上、最低でも40本以上は打てるフォームにしている」。達成すれば自身初となる50本については「思い浮かんで言っただけ。見栄え的にも、40発超えてホームラン王とる方がかっこいい」とキング奪還に闘志を燃やした。

 この日の練習では、118キロのドラ1・渡部と初対面。おなかを触りながら「いい太り方。体が張っている」と太鼓判を押した。ドラフト時から6キロ増の渡部は減量中だが「痩せなくていい」とキッパリ。「打撃は(身長の)長さか重さで飛ばすしかない。重くてスピードがあれば絶対飛ぶ。グラブさばきを見ても、体をうまくコントロールしてる」と“山川理論”で巨漢の新人をフォローした。

 キャンプはB班スタートが決定。「開幕に100%出せる調整をしたい」。完全復活の8年目へ、代名詞の一発量産でファンに歓喜を届ける。(森下 知玲)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請