【中日】福留孝介、ロッテ鳥谷、DeNA大和と「元虎戦士」自主トレ 移籍いい勉強に

一人で黙々とランニングする福留
一人で黙々とランニングする福留

 14年ぶりに中日へ復帰した福留孝介外野手(43)がロッテ・鳥谷、DeNA・大和との「元虎戦士」自主トレで決意を新たにしたことを26日、明かした。例年海外で自主トレをしていたが今年はコロナ禍で断念。今月初旬から中旬まで、かつての仲間と沖縄で体づくりに励み「一緒にいろんな話をしながらやっていけた。僕自身は良かった」と充実感を口にした。

 大和は17年オフにFAでDeNAへ移籍。鳥谷は戦力外通告を受け、昨季ロッテへ移籍した。福留も8年間在籍した阪神を昨季限りで退団し、古巣の中日から声がかかった。3人が別々のユニホームに袖を通すが「他のチームは一つ一つ雰囲気や野球の質も違う。いろんな考え方を感じていると(2人と)話して分かった。移籍は全て悪いことじゃなく、野球人生のいい勉強にしたいと本人たちも話していたし、僕自身もそう思う。いろんなことを学んでいる」。強い刺激を受け、竜での再起へ意気込んだ。

 この日ナゴヤ球場での練習前に、プロ入りから9年間つけた背番号1の先輩である故高木守道さんの「お別れの会」に参列。「1番と言えば守道さんが出てくる。汚さないようにと思ってやってきたし同じ背番号をつけられ良かった。優勝の報告ができれば」と手を合わせた。

 4月に44歳となる球界最年長だが「僕は気にしてない」とぴしゃり。キャンプ2軍スタートも「いくつになってもワクワクする。個人的な目標より、何としても優勝」。日米通算2407安打のバットマンが、移籍などの経験を生かして、10年ぶりのリーグ優勝へ導く。(長尾 隆広)

 

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請