【日本ハム】伊藤大海が新球スプリットチェンジ解禁 アイデアが「降ってきた」

日本ハム・伊藤大海投手
日本ハム・伊藤大海投手

 日本ハムのドラフト1位右腕・伊藤大海投手(23)=苫小牧駒大=が26日、新球スプリットチェンジを披露した。千葉・鎌ケ谷の2軍施設で4度目のブルペン入り。捕手を座らせ全球種解禁の44球を投げ込んだ。5、6球試した新球は元々持っているスプリットとチェンジアップの「いいとこ取り」な変化球だ。

 課題だった落ちる球の改良を思案していた24日夜。「『良いかもな』って握りが部屋の中で降ってきた」。人さし指1本と中指薬指の2本で挟みこむ握りを思いついた。翌日の25日に平地のキャッチボールで試し投げ。好感触をつかみ、この日ブルペンに持ち込んだ。

 たどり着いたのは「(ツインズの)前田健太さんは投げていると思います」という、沈みながらシュート方向に逃げる軌道だ。まだ未完成だが、対左打者の決め球として期待。「いい形で収まってくれれば、メインで使いたい」と今後はバッターに試すつもりだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請