熊本の独立リーグ新球団で契約内定投手が逮捕 公務執行妨害容疑

スポーツ報知

 熊本の独立リーグの新球団「火の国サラマンダーズ」は26日、契約内定していた江島幸二投手が公務執行妨害容疑で逮捕される事案が13日深夜、佐賀県で発生したことを公式ホームページで報告。29日に行われる体制発表会は欠席となり、2月1日にスタートするキャンプにも球団の対応が確定するまでは不参加となることを発表した。

 現在、江島投手は釈放され、任意捜査が進められている。同球団は「火の国サラマンダーズを支援してくださっている皆様や、その他クラブを支えていただいている多くの皆様にご心配をおかけすることになりましたこと、深くお詫び申し上げます」と謝罪。

 「現時点では、内容について詳細を確認中であり、また、契約締結前の事案ではありますが、今回の事態を重く受け止め、今後の対応につきましても検討を進めております。詳細が確認でき処分が決まり次第、改めてお伝えさせていただきます」とし、「当クラブとして、今回の事態を厳粛に受け止め、法令順守に関する意識・指導を徹底いたします」と結んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×