【DeNA】浜口遥大が初の開幕投手に名乗り「チームの柱になれるように」

神奈川・横須賀市の球団施設でブルペン入りするDeNA・浜口遥大(球団提供)
神奈川・横須賀市の球団施設でブルペン入りするDeNA・浜口遥大(球団提供)

 DeNAの浜口遥大投手(25)が26日、自身初の開幕投手に名乗りを上げた。この日、神奈川・横須賀市の2軍施設で練習後、オンライン取材に対応。昨季6勝にとどまった5年目左腕は「開幕投手を目指していくつもりでやっている。チームの柱となれるように、自分がやれることをしっかりと積み重ねていきたい」と力強く宣言した。

 今年初めてブルペン入りし、捕手を立たせて約20球。捕手を座らせての投球はキャンプイン後となる予定だが、「まあ、まずまずかな」と手応えをにじませた。三浦新監督のもと迎えるキャンプへ向けては「新しい監督になって、いいきっかけにしていきたい。調子がいいということをオープン戦なりで見てもらえれば、しっかりアピールできるかな」と意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請