【DeNA】山崎康晃がキャンプ2軍スタート 三浦監督が決断「状態を上げてもらわないと困る」

DeNA山崎康晃
DeNA山崎康晃

 DeNAは25日、2月1日から始まるキャンプ(1軍・宜野湾、2軍・嘉手納)の1、2軍メンバーの振り分けを発表した。昨季不調で2軍落ちも経験した山崎康晃投手(28)は2軍スタートになった。

 オンラインで取材に対応した三浦大輔監督(47)は、自ら2軍スタートを決め、本人に直接会って伝えたと説明。体調面などに問題はないと言い「しっかり状態を上げてもらわないと困る。優勝するためには必要な選手。自分のボールを取り戻して欲しいという話しをした」と期待をかけた。1軍昇格の時期などは設定せず、状態が上がってから総合的に判断して見極めるという。

 山崎はプロ6年目だった昨季、苦しいシーズンだった。プロ入り後ワーストの40試合登板で0勝6セーブ、防御率5・68。7月末に守護神を外れ、不振では初の2軍落ちも経験。12月の契約更改でも初のダウンとなる7000万円減の2億8000万円でサインせざるを得なかった。“代理守護神”を務めていた三嶋が18セーブ、防御率2・45と安定した結果を残したことで、抑えの座を奪いに行く立場になった。

 7日に自主トレを公開した際には「まずはポジションをつかみ取るところに集中したい。2021年は勝負の年だと思ってやっていきたい。今年にかける思いは強い」と意気込みを口にしていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請