【ソフトバンク】王貞治球団会長、盟友・アーロンさんの死に「寂しい」

新人選手たちに訓示する王会長(ソフトバンクホークスのインスタグラム@softbankhawks_officialより)
新人選手たちに訓示する王会長(ソフトバンクホークスのインスタグラム@softbankhawks_officialより)
王貞治会長
王貞治会長

 ソフトバンクの王貞治球団会長(80)が24日、日本時間23日に死去したメジャー歴代2位755本塁打のハンク・アーロンさん(享年86)を改めてしのんだ。自身が当時の世界記録を塗り替え、現役時代はもちろん引退後も親交が深かった盟友。「同じ時代にやった選手が亡くなるのは寂しいというか、悲しいというかね」としみじみと語った。

 この日、王会長は福岡・筑後市内のファーム施設を視察。新人合同自主トレ前に約5分間訓示し、無限の可能性を秘めるルーキーたちに「失敗を恐れずチャレンジしてくれ。競争の世界だから遠慮しないで、先輩を押しのけるくらいの気持ちでね」と金言を授けた。「みんないい動きだったね」と若タカの動きに熱視線を送り「アーロンみたいな選手に? (ルーキーに)そこまで言うと、彼らの負担になっちゃう」と苦笑いを浮かべたが、言葉は熱を帯びた。「彼らは、今からやればどこまでいけるかね。それ以上、高い所にいけるかもしれない。とにかく頑張ってほしいね」と“レジェンド選手”への成長も期待した。

 「なかなか鋭い振りだね。4番を打てるようになればいいね」と将来の主砲に指名されたドラフト1位・井上朋也内野手(17)=花咲徳栄高=も「野球に対して、どう取り組むかで変わってくると。(誰も)見てないところで練習しなさい、と言葉ももらった。自分をどこまで追い込めるか」と目を輝かせた。「今のホークスのレギュラークラスは本当によく練習する。いいチームに入ったと思うよ」と王会長。チームの将来を担うルーキーの成長に胸をときめかせた。(戸田 和彦)

 ◆アーロンさん愛称、ブレーブスハンマーズに!?…ファン変更求める

 ハンク・アーロンさんの死去から一夜明けた23日(日本時間24日)、現役時代に長年所属したブレーブスのチーム名を、アーロンさんの愛称・ハンマーにちなんだ「ハンマーズ」に変更するようファンが求めているとAP通信が報じた。かねてブレーブスはチーム名が先住民(インディアン)に不快感を与えるとの批判を受けてきたが、差別的な意味合いはなく先住民への敬意と反論し、変更を固辞している。

 ブレーブスは22、23日に昨季無観客開催だったアトランタの本拠地トゥルーイスト・パークを、アーロンさんの銅像があるためファンに開放した。本拠地を置くジョージア州と生誕地のアラバマ州が半旗を掲げ、大打者を悼んだ。

新人選手たちに訓示する王会長(ソフトバンクホークスのインスタグラム@softbankhawks_officialより)
王貞治会長
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請