【阪神】ロベルト・スアレスが来日「日本一を成し遂げることができるように」2週間隔離でキャンプ合流は2月中旬か

ロベルト・スアレス
ロベルト・スアレス

 阪神は24日、ロベルト・スアレス投手(29)が来日したと発表した。出国前、到着後に検査を受け、新型コロナウイルスの「陰性」判定を確認。25日から2週間の自宅待機が課されるため、2月中旬に沖縄・宜野座キャンプに合流するとみられる。

 スアレスは球団を通じて「今年もこうしてタイガースに戻ってくることができて、とてもうれしく思います。勝利に貢献して、チームメートたちと、愛するタイガースファンの皆さんと一緒にリーグ優勝、日本一を成し遂げることができるように頑張りますので、今シーズンも応援よろしくお願いします」とコメントを寄せた。

 昨季は51試合に登板し、3勝1敗25セーブ、防御率2・24で最多セーブ賞のタイトルを獲得した。オフには米複数球団が調査を重ね、メジャー挑戦も視野に入れていたが、矢野監督やフロント陣のラブコールによって、残留を決意。推定年俸250万ドル(約2億5900万円)の2年契約で再契約を結んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請