【東都大学野球】国学院大の“新人”が入寮 坂口翔颯、伊東光亮がプロを目標にレベルアップ誓う

国学院大での飛躍を誓う坂口と伊東(神奈川・横浜市の国学院大で)
国学院大での飛躍を誓う坂口と伊東(神奈川・横浜市の国学院大で)

 国学院大の新年度の推薦合格者の入寮が、24日に始まった。

 さっそく神奈川・横浜市の寮にやって来たのは、報徳学園(兵庫)の最速142キロ右腕・坂口翔颯投手と、大阪桐蔭(大阪)で昨夏の甲子園での交流試合に出場した伊東光亮遊撃手。「レベルの高い東都リーグで力を付けて、将来はプロを目指したいです」と声をそろえた。

 坂口は一昨年秋の兵庫大会決勝で、明石商の中森俊介投手(ロッテ)に投げ勝った実績を持つ。「春のリーグ戦から神宮のマウンドに立ちたい。同期(中森)がドラフト2位で指名されたのは刺激になりますし、(3年後は)1位で指名してもらえるように頑張ります」とライバル意識を口にした。

 守備に定評があり、打撃では確実性に加え長打力も秘める伊東が目標とするのは、ショートで中心選手として昨年の国学院大を引っ張った小川龍成前主将(ロッテ)だ。「映像で試合を見た時、動きの切れがすごいと思いました。後釜になるくらいの意識で、まずは守備からアピールしていきたいです」とポスト・小川に名乗りを上げた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請