【広島】小園海斗にヤクルト・山田哲人からの助言「(スイングを)変えた方がいいんじゃないか」

自主トレに励む広島・小園海斗内野手(右)
自主トレに励む広島・小園海斗内野手(右)

 広島の小園海斗内野手(20)が24日、広島・廿日市市の大野練習場で合同自主トレに合流し、キャッチボールやティー打撃などで約2時間汗を流した。

 オフは10日から21日まで愛媛・松山市内で宝塚リトルの先輩、ヤクルト・山田に弟子入りし自主トレに励んだ。打撃に関しては細かい所まで指導を受け「今のスイングだと率も残りにくいし捉えにくいんじゃないか。変えた方がいいんじゃないか」と助言をもらった。3勤1休で毎日約6時間汗を流し「練習がまじで濃すぎました。自分のダメな所を指摘してもらいました。とりあえずスイングを覚えて両手付けて振るとか(を試した)」と全力を尽くした。

 昨季、2軍では66試合に出場し、リーグ2位の打率3割5厘、最多安打の76安打の成績を残したが、1軍出場は3試合にとどまり6打数無安打に終わった。プロ3年目で初のキャンプ2軍(宮崎・日南)スタートが決定し、同期入団の林や羽月に先を越された。「ライバルなんで負けないように頑張っていきたい。悔しい気持ちを持って毎日やれたら。しっかり開幕の時は(1軍に)呼んでもらえるように2軍で頑張ります」と気合いを入れ直した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請