馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神 新潟

【アメリカJCC】2番人気サトノフラッグは11着 戸崎騎手「いい位置にいけなかった」

11着に敗れた2番人気のサトノフラッグ
11着に敗れた2番人気のサトノフラッグ

◆第62回アメリカジョッキークラブC・G2(1月24日、中山競馬場・芝2200メートル、不良)

 17頭によって争われ、クリストフ・ルメール騎手が騎乗した昨年の菊花賞2着、アリストテレス(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎、父エピファネイア)が1番人気に応えて重賞初制覇を飾った。勝ち時計は2分17秒3。ルメール騎手は11日のフェアリーS・G3(ファインルージュ)、17日の京成杯・G3(グラティアス)に続く3週連続の重賞制覇となった。

 半馬身差の2着は3番人気のヴェルトライゼンテ(池添謙一騎手騎乗)、さらに首差の3着は6番人気のラストドラフト(三浦皇成騎手)。菊花賞3着で2番人気を集めたサトノフラッグ(戸崎圭太騎手)は11着に敗れた。

 戸崎圭太騎手(サトノフラッグ=11着)「最内枠なのでポジションを取っていければと思っていたが、あまりいい位置にいけなかったので、リズム重視で。勝負どころで仕掛けたが、直線で止まった。休み明けを叩いて、良くなりそう」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請