坂本スミ子さん死去 84歳「夢であいましょう」主題歌、カンヌ受賞作「楢山節考」主演

坂本スミ子さん
坂本スミ子さん

 NHKのバラエティー番組「夢であいましょう」の主題歌や、映画「楢山節考」に主演した歌手で女優の坂本スミ子(さかもと・すみこ、本名・石井寿美子=いしい・すみこ)さんが23日、脳梗塞(こうそく)のため熊本市内の病院で死去した。84歳だった。大阪市出身。葬儀は近親者で行う。喪主は長女の聖子(せいこ)さん。

 歌に演技に、マルチな才能で昭和の芸能界に足跡を残した坂本さんが天国へと旅立った。大阪で石けん工場などを経営する実業家の父のもとに生まれ、裕福な幼少期を過ごしたが、中学生の頃に父が事業に失敗。学費も事欠くようになったため、大阪の高級クラブでレコード係のアルバイトをしたことをきっかけにラテン音楽に魅了された。

 高校卒業と同時にNHK大阪合唱団に入団し、その後ラテン歌手としてデビュー。58年「トリオ・ロス・パンチョス」の来日公演の前座を務め、エネルギッシュで情熱的な歌声が脚光を浴びた。61年から始まった「夢であいましょう」の主題歌を歌い、同年から5年連続NHK紅白歌合戦に出場。その後も「夜が明けて」「浮雲」などヒット曲を連発した。

 女優としても脚光を浴びた。今村昌平監督の映画「『エロ事師たち』より 人類学入門」(66年)で注目を集め、83年にカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールに輝いた同監督の「楢山節考」では、主人公の辰平(緒形拳)に山に捨てられる老いた母・おりんを代役ながら熱演。緒形さんとは1歳しか違わなかったが、実年齢から30歳も上の老婆を演じるために前歯をボロボロにするなど体当たりの演技が注目を集めた。

 私生活では皮膚科医の石井禮次郎氏と結婚し、同時に保育士資格を取得。長女の聖子さんは石井聖子として96年に歌手デビューした。晩年は夫の母の後を継いで、熊本市で幼稚園の園長も務めた。

 ◆坂本 スミ子(さかもと・すみこ)本名・石井寿美子。1936年11月25日、大阪市生まれ。ラテン歌手として60年にデビューし、NHKの「夢であいましょう」の主題歌で注目を集める。71年に筒美京平さん作曲の「夜が明けて」が大ヒット。女優としては、66年映画「『エロ事師たち』より 人類学入門」(今村昌平監督)で毎日映画コンクール女優助演賞受賞。83年の主演映画「楢山節考」がカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請