【楽天】ドラ4内間拓馬が「亜細亜ボール」披露…先輩のソフトバンク・東浜のように飛躍を

「亜細亜ボール」の握りを披露する内間(球団提供)
「亜細亜ボール」の握りを披露する内間(球団提供)

 楽天のドラフト4位・内間拓馬投手(22)=亜大=が23日、仙台市内の2軍施設で初めて捕手を座らせて投球練習。母校に伝わる伝統のツーシーム「亜細亜ボール」を披露した。

 人さし指と中指を広げて握る「亜細亜ボール」は、DeNA・山崎や広島・九里ら亜大の先輩投手がプロでも駆使している。大学2年時に習得した内間によると、「山崎さんのように大きく落ちる人もいれば、速くて変化が小さい人もいる。回転方向は同じだけど、人それぞれでアレンジしている」という。

 内間が目指しているのは、同じ沖縄出身のソフトバンク・東浜が「シンカー」として投げているスピードタイプ。「140キロくらいで変化するので、ゴロアウトがとりやすい。打者はイヤだと思います」。自身の「亜細亜ボール」は現在133~134キロで、5キロ程度のスピードアップが課題だ。

 大学では「左打者には狙い通りゴロを打たせることができた」という決め球。「プロは(打者の)立つ位置から違ったりする。そういうことも含めて反応が楽しみ」と、プロのマウンドでの実戦投入を心待ちにしている。(星野 和明)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請