【Tリーグ】日本ペイント、チーム初の4連勝ならず 首位・神奈川に惜敗

第4マッチのシングルに勝利した日本ペイント・加藤美優
第4マッチのシングルに勝利した日本ペイント・加藤美優

◆卓球 日本ペイントマレッツ2―3木下アビエル神奈川(23日、大阪・東和薬品RACTABドーム)

 日本ペイントマレッツは2―3で木下アビエル神奈川に惜敗し、連勝が3で止まった。0勝2敗で迎えた第3試合で馮天薇(シンガポール)が木村香純にストレート勝ち。加藤美優が第4試合で長崎美柚に3―1勝利し、1ゲーム先取の延長戦で連戦に臨んだが、木原に6―11で敗れた。

 チーム初の4連勝には届かなかったが、加藤は右手首痛を抱えながら、2日間で4試合を戦う奮闘を見せた。前日に日本生命・平野美宇を破るなど2勝し、この日も長崎に勝利。全日本選手権では5回戦で敗れていた相手だったが「全日本の時は(故障で)全然練習できていなかったので、この間の負けは気にしなかった」という。手首が万全ではない中で「今回も厳しいかなと思ったけど、レシーブやサーブの配球もうまくいって良かった」とホッとした表情で振り返った。

 連勝は3で止まったものの、上位2チームとの2連戦でいずれも延長にもつれ込む接戦を演じ、後半戦を1勝1敗でスタートした。三原孝博監督は「昨日に引き続き今日もいい形でラスト(延長戦)までいった。マレッツの力がだいぶアップしてきた」と実感。24日は今季初勝利を挙げて勢いに乗るトップ名古屋を迎える。「僕らも昨シーズンは4位。挑戦する気持ちで1勝でも多く取れるようなプレーで頑張りたい」と表情を引き締めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請