【札幌】新加入のDF柳貴博、サイド制圧 攻撃力&対人の強さ自信「ウィングバックで勝負」

ボールを奪いに走るJ1札幌DF柳(左)(カメラ・砂田 秀人)
ボールを奪いに走るJ1札幌DF柳(左)(カメラ・砂田 秀人)
前線へパスを出すDF田中
前線へパスを出すDF田中

 J1北海道コンサドーレ札幌に加入したDF柳貴博(23)が、サイドの新たな武器となる。沖縄キャンプ中の札幌は23日、紅白戦を行い、F東京から完全移籍で加わった柳は主力組の3バック右と右ウィングバック(WB)に入った。185センチ、80キロと大柄も、目指すのは攻撃力を生かせるWBでの定位置取り。昨季チームにはいなかった大型WBとして、超攻撃的スタイルを更に活性化させる。

 柳がサイドの定位置取りを、はっきりと狙いに定めた。新天地での戦いへ「ウィングバックで勝負したいと思っている」と口にした。身長は185センチと、札幌にはいない大型のWBとして、攻守で存在感を示していく。

 昨季、期限付き移籍先のJ1仙台では主にサイドバックを務めた。「自分はDFだが攻撃的選手でもあるので。今年の1つの目標として、目に見える結果をすごく求めている。ゴールにつながるプレーは一番意識してやっていこうと」

 仙台では1得点1アシストにとどまるも、それ以上の成績を挙げるために札幌が適所と考えた。「前線でのクオリティーを上げるのは自分の課題。そこを高めないと結果は出ないが、札幌でやっていけばもっと良くなっていくし成長できる。このチームでサッカーがしたいと思った」。レベルアップへの強い思いが、初の完全移籍を決断させた。

 攻撃だけではない。父・明宏さんは元プロボクサー。「自分の特徴でもある身体能力の高さや体の強さは、親譲りなんだろうな」と言う屈強さと走力で、対人には絶対の自信を持つ。それだけに札幌が昨季から取り入れるオールコートのマンツーマンDFは「自分に合っていると思った」と、力を発揮できる格好の舞台と捉えている。「強い気持ちをどんどん出していきたい」。父に負けじと、戦う姿勢も前面に押し出していく。

 新加入選手で唯一、一桁の背番号「3」を託された。「期待されている番号をつけるからには結果で示さないといけない。札幌でチームを救える選手になっていきたい」。今季初実戦となる今日24日の九州L・沖縄SVとの練習試合から、出し惜しみせず、柳がピッチを駆け回る。(砂田 秀人)

 ◇J1札幌のウィングバック 昨季終盤はブラジル人MFルーカスフェルナンデス(26)を右から左へ配置転換。右には高いドリブル力があるMF金子拓郎(23)を起用する形が主だった。沖縄キャンプでは金子、J1名古屋から加入したMF青木亮太(24)、柳の3人を起用と、争いは激化している。左はルーカスに加え、日本代表歴もあるFW菅大輝(22)も定位置に近い位置にいる。経験豊かなMF中野嘉大(27)は左右どちらもこなせるのが強みになる。

 ■東京五輪へ田中「目標はぶらさずに」

 〇…東京五輪開幕まで半年前の23日、DF田中駿汰(23)が出場への思いを改めて強くした。19年12月にフル代表デビューを果たし、昨年12月の五輪代表候補合宿に招集されるなど本番での選出が期待されるが「まだまだ立ち位置的には危ないので。もっとアピールしないと入っていけない」と厳しさを感じている。目指す舞台へ近付くべく、「チームで試合に出るのがベースになる。目標はぶらさずに、足元をしっかり見てやっていきたい」とキャンプでの日々に集中していく。

 ◆柳 貴博(やなぎ・たかひろ)1997年8月5日生まれ、東京都出身。23歳。F東京U―18から16年にトップ昇格。19年はJ2山形、昨季はJ1仙台に期限付き移籍でプレー。今年、札幌に完全移籍で加入。J1通算26試合出場1得点。J2通算28試合出場2得点。U―18から同21までの各年代で日本代表歴があり、18年に中国で行われたU―23アジア選手権の北朝鮮戦では得点を挙げている。185センチ、80キロ。右利き。背番号3。

ボールを奪いに走るJ1札幌DF柳(左)(カメラ・砂田 秀人)
前線へパスを出すDF田中
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請