【広島】中村奨成、自主トレでG小林誠司から極意授かる 崖っぷち4年目「後がない」

スポーツ報知
談笑する広島・中村奨成(大野練習場で)

 広島の中村奨成捕手(21)が23日、広島・廿日市市の大野練習場で合同自主トレに参加し、キャッチボールや打撃練習などで約2時間汗を流した。

 オフは5日から2週間、広島・広陵高の先輩である巨人の小林誠司捕手(31)や中日の大島洋平外野手(35)らとともに大阪・貝塚市内で自主トレに励んだ。

 小林からは主にキャッチングなど守備の指導を受け、尊敬する先輩から多くのことを学んだ。「僕が思っていたより練習量がすごく多かった。あれだけの選手がこれだけ練習するんだと。『これを続けないとうまくはなれないよ』と言われたので継続してしっかりやれるように」と自らを奮い立たせた。

 プロ3年目の昨季は1軍デビューを果たしたが、出場4試合で4打数無安打と結果を残せず。「打てなかった悔しさ、試合に出られなかった悔しさはある」と振り返った。キャンプは2年連続で1軍スタート(沖縄)が決定し「キャンプから猛烈にアピールして(いきたい)。後がないと思って。いつまでもゆっくりしていられない」と表情を引き締めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請