IOCのバッハ会長、東京五輪半年前インタビューで無観客も否定せず「どんな議論もタブーにはならない」

IOCのバッハ会長
IOCのバッハ会長

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は23日、動画インタビューを公開し、開幕まで半年となった東京五輪へ「オリンピックムーブメント全体が、7月23日に予定される開会式を楽しみにしている。選手達はしっかりと誇りを持ち、スポーツだけにとどまらず、世界全体へ連帯や平和といった五輪の価値を示してくれると思う」と語った。

 新型コロナ禍は世界全体で収束の兆しが見えず、22日には英タイムズ紙が中止報道を出して各所が火消しに追われた。「今年7~8月に直面するかもしれない、あらゆるシナリオを想定して準備している」と説明。「一番大事なことは、安全で安心な大会を行うこと。全ての参加者に安全を保証するためには、どんな議論もタブーにならない」とし、無観客も選択肢から排除しない姿勢を示した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請