爆笑問題・田中裕二「すごく痛かった」脳梗塞発症の瞬間を語る

爆笑問題の田中裕二
爆笑問題の田中裕二

 20日に頭痛を訴え、前大脳動脈解離による、くも膜下出血、脳梗塞(こうそく)と診断されて入院中の爆笑問題・田中裕二(56)が発症の瞬間を振り返り「あの時、すごく痛かった」と話していることが22日、分かった。

 相方・太田光(55)の妻で、所属事務所の光代社長(56)が医師の許可を取って田中に電話。現在は「普通の頭痛」と話したという。田中は自身に関する報道をかなり気にしており、光代社長は「いつも通りの田中だなと安心しました」と話した。

 来週上旬にも退院予定。TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)や、ラジオ番組などへの電話出演の可能性について、同社長は「一切ありません。休ませます」と完全否定。復帰は早くて来月下旬となる。退院後は事務所で田中の血圧を徹底管理。休養期間は大好きなスナック菓子も禁止される。光代社長は「何なら私も一緒に禁酒で付き合います」と宣言した。

 なお田中がMCを務めるテレ朝系「熱闘!Mリーグ」(日曜・深夜0時59分)は太田が代役を担当することが番組公式ツイッターで発表された。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請