【オリックス】吉田正尚、6年目野手最高2・8億円サイン ソフト柳田もイチロー大先輩も超えた

契約を更改し、笑顔で会見する吉田正(代表撮影)
契約を更改し、笑顔で会見する吉田正(代表撮影)

 オリックス・吉田正尚外野手(27)が22日、大阪・舞洲の球団施設で契約交渉に臨み、8000万円増の年俸2億8000万円プラス出来高払いでサインした。6年目の野手ではソフトバンク・柳田の2億7000万円を上回るプロ野球史上最高額。新選手会長としてもさっそく、手腕を発揮してみせた。

 「いいラインですね。(3億円に)乗るか、乗らないか」。スケジュールの都合でズレ込んだ注目の更改。黄色のネクタイと同様に、さわやかな笑顔を振りまいた。球団ではイチローの6年目(2億6000万円)を超える快挙。チームが2年連続最下位でも、別次元の評価が待っていた。

 3年連続で全試合出場をクリアした昨季は、打率3割5分で初の首位打者を獲得。492打席でわずか29三振、出塁率4割5分3厘と出色の内容だった。「懸け橋というか、チームを代表して話をできる立場になったので」。若月からバトンを受け取り、今季から選手会長に就任。責任感たっぷりに球団へ提案をした。

 「仮眠ルームだったり、戦術の部分で新しい部門をつくってほしいとか。食事も大切です」。試合へ向けた疲労回復、集中力向上のため京セラDに仮眠室の新設を求めて受け入れられた。戦略面の強化も訴えたようだ。交渉役の久保管理部長も「チームを強くしたいという思いが強い。前向きに検討すると返答しました」。金額だけでなく、話し合いの中身も充実していた。

 4日から日本ハム・西川と行っていた沖縄での自主トレも打ち上げ。入団からAクラス経験がなく「チームは優勝を目指していきますし、個人としてもタイトル争いを…。1個でも多く『1番』を目指したい」と決意表明した。東京五輪も視野に入れる勝負の丑(うし)年。超本格派が先頭を走る。(長田 亨)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請