英タイムズ紙の五輪中止報道を誤報認定…IOC「絶対に事実ではない」

五輪マークと国立競技場
五輪マークと国立競技場

 国際オリンピック委員会(IOC)は22日、今夏の東京五輪・パラリンピックを巡り、英紙タイムズが「日本政府が中止せざるを得ないと内々に結論付けた」と伝えた報道を「絶対に事実ではない」と声明文で否定し、誤報だと認定した。国際パラリンピック委員会(IPC)も「臆測」と断じた。

 タイムズ紙の報道を巡っては、内閣官房や五輪組織委員会が即座に否定の声明を出すなど、各所が火消しに追われている。IOCも「東京大会の成功に向けて全力で取り組んでいる」と強調した。

 IPCも、大会関係者向けに具体的なコロナ対策や個々が守るべき責任を説明した規則集が2月初旬に発行されると説明し「日々の感染者数は夏までに大幅に少なくなると楽観視している。過去と大きく異なる大会になるのは間違いないが、強固な対策と計画があれば無事に開催できると信じている」と指摘した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請