【巨人】ドラ3中山礼都、中学時代は車を相手にダッシュで勝負…記者が明かす「こんな人」

素振りをする中山礼都
素振りをする中山礼都
中山礼都
中山礼都

 巨人・原辰徳監督が、ドラフト3位・中山礼都(らいと)内野手(18)=中京大中京高=の潜在能力を“坂本勇人級”と絶賛した。14日から始まった新人合同自主トレを視察した際に「3位で入った中山くん、非常に目立ちましたね」などと明かした。

 中山のプレーには、見る者を引きつける躍動感がある。単打を二塁打にしてしまう快足と思い切りの良さ。足だけに頼らずしっかり振り切って、ホームランを放つこともできる。「将来的にショートのレギュラーになれる素材」―。昨夏の中京大中京の試合を視察した複数のスカウトから聞いた評価だ。

 ユニークなトレーニングで、自分の武器を磨いた。中学時代、自宅前の道路を通り過ぎる自動車を相手に、ダッシュを繰り返していたという。「安全に気を配りながら、20メートル程度の勝負を20本ほど。足が速くなった実感はありましたし、スタートも良くなったと思います」。柔軟な発想も、プロ向きといえそうだ。

 昨年の中京大中京は、エースの高橋宏斗(中日)、捕手で主将の印出太一(早大入学予定)とタレントぞろいだった。3兄弟に例えれば、印出がしっかり者の長男、高橋が負けず嫌いの次男で、中山は伸び伸び育った三男坊。笑顔で取材に応じ、周囲を和ませていた姿を思い出す。ダイナミックなプレーはもちろん、そのキャラクターもG党に愛されそうな予感がする。(アマチュア野球担当・浜木 俊介)

素振りをする中山礼都
中山礼都
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請