【阪神】自由契約の伊藤隼太、四国IL愛媛に入団 野手コーチ兼任選手に

四国IL愛媛に入団する伊藤隼太
四国IL愛媛に入団する伊藤隼太

 昨年11月に阪神から戦力外通告を受けた伊藤隼太外野手(31)が四国IL愛媛に入団することが22日、明らかになった。この日、同球団のホームページで発表された。球団初の野手コーチ兼任選手となる。

 伊藤隼は中京大中京高(愛知)から慶大を経て11年ドラフト1位で阪神入団。1年目から開幕スタメンを勝ち取り、同年9月にはプロ初本塁打を満塁弾を飾った。18年には自己最多の96試合に出場したが、矢野政権となった19年からは1軍出場なし。通算成績は365試合で打率2割4分、10本塁打、59打点だった。

 今後について「自分の中で全力でやった結果なので、その結果を受け止めて、どうなるか分かりませんけど、次のステージに向かっていきたいと思います」と話していた伊藤隼は、昨年12月の12球団合同トライアウト受験後、自身のYouTubeチャンネルを開設。SNSなどを通じて現役続行を目指す自身の状況を頻繁に投稿していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請