【オリックス】吉田正尚、2億8000万円でサイン 京セラドームに仮眠室要望

笑顔で会見したオリックス・吉田正尚(代表撮影)
笑顔で会見したオリックス・吉田正尚(代表撮影)

 オリックス・吉田正尚外野手(27)が22日、大阪・舞洲の球団施設で契約交渉に臨み、8000万円増の年俸2億8000万円プラス出来高払いでサインした。昨季は3年連続で全試合を果たし、打率3割5分で初の首位打者を獲得。最下位に沈むチームで孤軍奮闘した。プロ6年目を迎える日本人野手では、ソフトバンク・柳田の2億7000万円を上回る最高額で更改。「2年連続最下位という現実を受け入れて、何とか優勝を目指して。6年目でAクラスも経験したことがない。責任を持って」と言葉に力を込めた。

 若月からバトンを受け、今季から新選手会長にも就任。球団側との交渉では、本拠地・京セラDに仮眠室の新設を要望し「仮眠だったり、食事も大切ですし。プレー以外の部分でも何か少しでもいい環境を、という意味で話をさせていただきました」とさっそくリーダーシップを発揮した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請